交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

お得情報サイト5

交通事故による慰謝料は弁護士相談のTOP > 交通事故慰謝料について > 交通事故慰謝料を考慮して保険に加入

目次

交通事故の慰謝料を考慮して保険に加入

保険会社はたくさんありますが、どの保険会社のサービスを利用すべきなのか、加入前に悩む事もあるでしょう。

毎月の支払いができるだけ安い方がいいという人もいれば、信頼できる会社を選びたいという人もいるかもしれませんね。

また、幅広くいろんな場合に対応してくれるサービスがいいという人もいるでしょう。

交通事故慰謝料を考慮して保険に加入する人が多いと思います。また、保険に加入している人でも、いざ交通事故になった時に、納得できる金額の慰謝料を支払ってくれるかどうかという事で、不安を感じている人もいる様です。

保険会社を選ぶ時には利用者の口コミや評判などを参考にして選びたいですね。

交通事故慰謝料のケースについて

交通事故慰謝料の支払額については、それぞれの事故のケースによって、大きな差が出ることがあります。

特に、責任の割合が曖昧である場合には、長期間にわたってトラブルが継続することがあるため、早いうちに弁護士に相談を持ち掛けることが良いでしょう。

現在では、大手の法律事務所において、交通事故慰謝料に関する相談の受付が行われており、積極的にサポートを依頼することがおすすめです。

そして、なるべく多くの人の意見を参考にすることにより、いつでも様々なケースの交通事故慰謝料の特徴を把握することが出来るといわれています。

交通事故慰謝料・損害賠償の支払い

交通事故を起こしてしまった場合、被害者から交通事故慰謝料や損害賠償を請求される可能性が高くなります。

最悪の場合は、数千万から数億円という金額を請求される場合もあります。このような莫大な金額を支払うことは非常に難しいと思います。

自動車事故の場合、強制的に加入させられる自動車損害賠償責任保険から支払われますが、他人を死亡させたり、後遺障害を負わせてしまった場合は、自賠責保険のみではカバーすることはできません。

カバーしきれない分は、自らで加入する任意の自動車保険から支払われます。また、交通事故慰謝料は、自賠責では支払われないケースもあるため、任意保険への加入はとても重要になります。

交通事故慰謝料の算定にかかる可動域制限について

交通事故慰謝料の総額は、怪我の状況や治療期間の長さなどによりますが、定期的に整形外科医などと相談をしながら、可動域制限の内容を理解することが重要です。

特に、可動域制限の範囲や今後の生活の過ごし方については、交通事故の被害者にとって悩みの種として位置付けられることがあります。

そこで、交通事故慰謝料を正しく計算するにあたり、専門性の高い弁護士にアドバイスを受けることが欠かせません。

そしで、いざという時に備えて、法律上の手続きの方法や保険会社との交渉の仕方などを理解することがポイントとして挙げられます。

死去した場合の交通事故慰謝料

被害者が死去した場合には、交通事故慰謝料が発生する事になりますが、負傷した場合よりも死去した場合の方が、より金額は高くなります。交通事故慰謝料について交渉したい場合には、被害者本人は死去しているので自分で行う事はできません。

ですので、交通事故慰謝料について交渉したい場合には遺族が行う事ができます。しかし、交通事故慰謝料について交渉する際には事故当時の状況を把握していると有利になる事もありますが、遺族は分からない事も多いので、法律家に相談しながら対応する事もあります。

交通事故を専門としている法律家であれば、交通事故慰謝料について相談する事で、事態は良くなる事が多いでしょう。

交通事故慰謝料は大阪弁護士会所属弁護士みお綜合法律事務所

交通事故慰謝料を増額する方法とは

交通事故慰謝料は損害賠償の一種であり、原則として被った損害をすべて金銭で請求することができます。しかし、相場よりも高すぎる金額を請求しても、多くの場合に相手は争ってきます。

民事の問題なので、基本的には話し合いをして、両者が納得すればその金額で決まります。

千葉や茨城で交通事故慰謝料の増額をしたい時は、交通事故問題に強い弁護士に相談をしましょう。個人で保険会社と交渉をすることもできますが、保険会社の担当者は知識も経験も豊富なプロなので、不利な示談になってしまう可能性が高いです。

下手な交渉をしてしまうと、もともと相場通りの金額を提示されていたのが、金額を下げられてしまうこともあります。

弁護士に依頼をすると、高い確率で交通事故慰謝料を増額することができるでしょう。保険会社は会社独自の基準で慰謝料の算定をしますが、裁判での基準はそれよりも高額になるケースが多いからです。

弁護士に相談をすると費用がかかると考えている人が多いですが、最近では何度相談をしても無料の法律事務所も登場しています。まずは無料相談を受けてみて、十分にメリットがあることを確認してから、正式な依頼をするのが良いでしょう。正式に依頼をした場合も、基本的にはメリットのほうが大きくなります。

交通事故慰謝料の対象日数について

交通事故慰謝料には、入通院に対するものと後遺障害に対するものがあります。入通院慰謝料の対象期間は、事故日から症状固定の日までとなります。

自賠責保険では、交通事故慰謝料の算定方法をはっきりと定め、公表しています。ひと月30日の上限を126,000円とし、入通院日数X2と、対象期間の少ないほうの数を採用し、算出の対象日数とします。その採用した数に4,200円をかけたものが入通院慰謝料となります。

後遺障害慰謝料は、症状固定後も後遺症が残り、後遺障害認定申請をして認められた場合に支払われます。これは対象日数はほとんど関係ありません。千葉や茨城で交通事故の被害者になった場合、重傷であったら、すぐ弁護士に相談し、できれば依頼をしたいものです。

その後は受任通知が出されますから、被害者は加害者側とは一切接触せずに済み、治療に専念できます。加害者が任意保険に加入していた場合は、任意保険会社側で、自賠責保険の手続をすべておこない、自賠責から出る給付金で支払いも代行します。

しかしこの方法だと、なにかと被害者にとっては不利なことになりますので、軽傷なら自賠責の被害者請求に切り替え、重傷なら弁護士に相談して、依頼することです。

交通事故慰謝料が上がるその要因

交通事故慰謝料において、大きく分けて3つのタイプ慰謝料があることをご存知でしょうか?「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの種類です。

基本的には自賠責保険として強制加入をされている入通院慰謝料と言うものを受け取る形にはなるのですが、通院をしていても事故による症状が治らなかったと言う場合には、後遺症が残ってしまったと言う医者からの診断を受け、行為障害慰謝料と言うものが発生します。

身体の状況に応じ等級が決まり、その等級に応じ支払われる慰謝料が変わります。また、交通事故の慰謝料の交渉を弁護士に相談するとさらに上がることもあります。

交通事故慰謝料の算定方法

交通事故に遭ったとき、そのまま被害者側がなにも行動を起こさなければ加害者側の保険会社がその会社独自の交通事故慰謝料の支払い基準に基づいて被害者側の慰謝料や賠償金を算定するため、裁判所で認められる金額よりも低い示談金額となってしまうことが多くあります。

一方で、被害者側が弁護士に相談をした場合は、弁護士が過去の交通事故の裁判事例に基づいて慰謝料や賠償金の交渉を行うため、交通事故慰謝料や賠償金が大幅に増額されることがあります。

また、弁護士に交渉を依頼した場合の費用は、自動車保険や傷害保険の特約に付いていることもあります。

交通事故慰謝料はいつ受け取れるのか

交通事故で怪我をして会社を休むことになってしまった場合、収入が減ってしまいますし、治療にもお金がかかるので、交通事故慰謝料をいつ受け取れるのかというのは非常に気になる部分でしょう。

基本的には示談が済んだ後から追加で請求をするのが難しいため、治療が終わってから、もしくは治療を継続しても改善の見込みがない症状固定と判断されたときに示談を行うケースが多いです。

平均としては三ヶ月程度、後遺障害があったり過失割合で折り合いが付かなかったり争論が起きた場合には、示談終了まで半年から一年以上かかることもあります。示談が無事に終了したら、遅くとも2週間以内には振り込まれます。

交通事故慰謝料の種類と算定方法

交通事故に遭い、示談の際に問題となってくるのが、交通事故慰謝料です。そして、この交通事故慰謝料には、入通院に関する慰謝料と、後遺障害に関する慰謝料があります。

入通院慰謝料は、保険金総支払額が自賠責保険の120万円の範囲に収まる場合は自賠責基準、それ以上の場合には任意保険基準により算出するのが通例です。

保険会社との交渉に弁護士を関与させる場合には、訴訟基準の算定方法によって算定をすることが一般的です。

後遺障害に関する慰謝料は、症状固定時に加療をしても顔や身体に障害や醜貌が残る場合で、基準に該当をする場合は、算定機構による認定を受けて、該当する等級に適した金額が支払われます。

交通事故慰謝料の相場について

交通事故の被害者にあった場合、自動車同士であっても車が傷つくなどして壊れますし、状況によっては怪我をする事もあります。怪我をした場合には会社を休む必要があり、後遺症が出た場合には病院に通院する必要も出てきます。

交通事故慰謝料というものはこのような迷惑をかけられたお金を意味し、相場として自賠責保険の基準では入院や通院をした場合には1日につき4200円となっており、後遺症が残った場合の慰謝料については等級によって32万円から1100万というような幅があります。

加害者の入っている保険会社や弁護士と相談する事で高い慰謝料を貰える事もありますが、怪我をした場合には通院を怠らない事が大切です。

より高額な交通事故慰謝料を請求する方法

算定基準が3つある交通事故慰謝料ですが、死亡慰謝料についても、どの基準を用いるかによって金額に大きな開きが出てきます。

強制保険の自賠責保険で支払われる場合は、亡くなった本人に対する慰謝料はその人の立場に関係なく350万円と決まっています。しかし弁護士基準を適用すると、一家の支柱が亡くなった場合、2800万円が相場となっています。

入通院慰謝料や後遺障害慰謝料についても同様に、弁護士に依頼すればより高額な慰謝料を請求することが可能となります。無料相談を行なっている法律事務所も多いですから、自分の場合はどのくらい金額が変わってみるか、問い合わせてみるとよいでしょう。

交通事故慰謝料の三つの基準

交通事故慰謝料の相場には三つの基準があります。

一つ目は自賠責基準で、自賠責保険によって定められた基準です。自賠責保険は法律で全ての運転者が加入するよう定められた強制加入保険の事です。

二つ目は任意保険基準です。任意保険基準は、保険会社によって金額が設定された慰謝料基準の事です。保険会社が基準を非公開にされているので外部の人間には詳しい基準を知ることができません。

三つ目は弁護士基準です。過去の判例をもとに算出された基準の事です。最も高い基準になっていますが、弁護士に依頼するので弁護士料が掛かります。

弁護士に交通事故慰謝料を相談する方法

交通事故に遭い怪我をしてしまった時に、慰謝料を請求したいがどうすればよいか判らない人も多いでしょう。最近はスマホで無料相談をしている弁護士事務所もありますし、無料相談に乗ってくれるところも増えてきています。

ホームページなどを見て、交通事故専門のサイトなどを用意しているところはトラブルの解決を専門としているので、慰謝料増額の力になってくれるでしょう。特に慰謝料や損害が100万円を超える場合などは、弁護士が居ると居ないで交通事故慰謝料が大きく変わってきます。

しっかりとした弁護士に依頼することで、保険会社との交渉で辛い思いや嫌な思いをすることも無いのでおすすめです。

交通事故慰謝料について

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 交通事故慰謝料事例 交通事故 弁護士へ交通事故の相談 むちうち慰謝料相場 相続 相続手続き 浮気離婚慰謝料

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。