交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

むちうちによる賠償額の合意と慰謝料相場について

交通事故がもとでむちうちになってしまった場合、加害者に対して請求することができるお金はいろいろあります。まず治療費や通院費、入院雑費、診断書作成にかかった費用、会社を休むことによって被った損害に対する費用、さらに慰謝料を請求することができる場合もあります。

慰謝料には精神的苦痛に対するものから後遺障害慰謝料、さらには後遺障害がなければ得ることができたであろう収入に対する請求などがあります。慰謝料相場は損害の大きさによって異なります。したがってむちうちになれば賠償額はこれくらいとは言いにくいのですがおおまかな基準はあります。

まず、自賠責基準の慰謝料です。これは実通院日数×2あるいは治療期間のどちらか少ない方に4,200円をかけたものです。120万円が限度となっているので、もしこれを超えるようなことになると、任意保険の基準によって慰謝料を算出することになります。

やはり怪我の程度によって賠償額は異なりますが、大まかな慰謝料の基準では、入院していた期間と通院していた期間によって算出されます。これらの基準よりもさらに多くの慰謝料を請求することも可能です。それは弁護士を立てて交渉した場合です。明確な根拠を示さなければなりませんが保険会社よりも慰謝料相場は高いです。

むちうちによる保険金の支払いと慰謝料相場について

追突などの交通事故でむちうち症になり、仕事を休まなければならなくなったり入院や通院が必要となる場合、治療費や休業損害のほか、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料などを加害者(保険会社)に請求することができます。

むちうち症状は追突事故などで首に強い力が加わり、首や肩、腕などに痛みやしびれが出る症状。医療機関では主に「頚椎捻挫」「頸部挫傷」などと診断されるケースが多いです。 被害者からの請求に対し、保険会社が妥当だと判断した範囲で治療費や通院費、慰謝料などが保険金として支払われます。損額の請求は保険会社との交渉になりますので、専門家である弁護士に依頼することで、より多くの賠償金を得られる場合もあります。

入通院慰謝料は入院、通院によって精神的な苦痛を被った場合、後遺障害慰謝料は後遺障害認定された場合にそれぞれ加害者に請求できます。 入通院の慰謝料相場は自賠責保険の場合、通院日数×2または治療日数のどちらか少ない方×4200円。任意保険の場合は状況により変動はありますが、通院6ヵ月で64万2000円、入院1カ月通院83万2000円です。 このほか後遺障害に認定されると、14級の場合、40万円ほどが賠償されます。

交通事故でむちうちに。むちうち慰謝料相場はいくら。

交通事故でよくある怪我というとむちうちです。事故を起こしたことがある人は、一度は経験があるのではないでしょうか。しかし、むちうちぐらいでと思ってお金を請求しないのはとても損をします。ではむちうち慰謝料相場はいくらぐらいでしょう。

慰謝料にも種類があって、自賠責基準の慰謝料、任意保険基準の慰謝料、裁判所基準の慰謝料とあります。個人では対処しきれないというときは、プロの手を借りるのがよいでしょう。弁護士事務所ではこうした相談に親身になって解決へと導いてくれます。事故の後遺症で生活がままならなくなったり、あとで困ることも多々あります。ぜひ法律の専門家に相談して、自分の生活を守りましょう。

むちうち慰謝料相場を知りたくありませんか

交通事故で被害にあわれた方で、むちうち症状で悩まされている人が多いようです。むちうち慰謝料相場を知っておくことでこのような被害にあった場合にすぐに対応することができます。追突などの交通事故で首が大きく揺れることで、首・肩・背中などに痛みやしびれなどを感じる症状のことを「むちうち症」と呼びますが、通院期間が半年以上にもなることがあります。

むちうち症になってから医療機関や法的機関、弁護士などに相談される方が多いようですが、事前に知識を持つことで、比較的早期に解決することができます。多くの場合、慰謝料は290万円から110万円と、かなり幅がありますが、後遺症の等級によって変わってきます。

むちうち慰謝料相場は聞かないとわからない

遭遇しないと、わからないことも多々あります。むちうち慰謝料相場もその1つになっていて、実際にそうした状態にならないと慰謝料についての情報を知ることができないので、知りたいと思っていることがわからないまま進められることもあります。

実際にそうした状態になってしまった場合、交通事故後の処理を考えるためにも相談をしっかり行ってください。知らないまま進めてしまうと、本当にわからない情報だけで判断することになり、失敗することもあります。知っている方に色々な話をすると同時に、本当に必要なことを判断して交渉することです。

交通事故におけるむちうち慰謝料の相場とは

交通事故に遭ってしまった際に、被害者側は加害者側に対して慰謝料を請求することが行えます。慰謝料の基準は3つあり、基準によって相場も大きく変わります。過去の交通事故での判例が基準となりできた裁判所基準や、加害者側が加入する保険会社の基準となる任意保険基準、被害者側に対して支払う賠償金の中でも、最低限の金額とされる自賠責保険基準での賠償金基準があります。

むちうち慰謝料一つとっても、上記の基準によって大きく基準が異なってきます。基準が一番高いとされる裁判所基準での請求を行いたい場合には、弁護士を雇うことです。

複雑な症状の むちうち慰謝料相場とは

むちうちには、目に見えない症状を抱えてしまう場合もあります。欠損や画像診断で明らかに見ればわかるものについては、後遺症障害認定がくだされやすいですが、レントゲンをとってもハッキリしないといった症状もでやすいものです。

よく知られている脛椎の捻挫では、軽いものなら完治することができますから、その場合通院した分の慰謝料をもらうだけになります。ですが事故によって、外傷がなかった場合でも、 複雑な神経根の圧迫や、脊髄、脳に起因した様々な症状や、生涯ハンディを追うようなものまでありますから、この場合は、むちうち慰謝料相場は交通事故を専門としている、弁護士に相談してみると良いでしょう。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

むちうち慰謝料相場について

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。