交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

相続手続き、遺言書作成は弁護士、司法書士に

自分の築き上げた財産を相続人以外の人に相続させたい場合には遺言書を遺しておく必要があります。 例えば長男夫婦と同居していた場合に、長男が早く亡くなってその後に長男の嫁に老後の世話をしてもらった場合にはその嫁に財産を上げたいと思うのが人情です。

しかし今の法律では何もしなければ財産は全て相続人の元に行ってしまうことになるので、自分の意に沿うようにするためには遺言書を遺しておく必要があるのです。

しかし遺言書作成については複雑な点が沢山あるので、よく分からない場合には弁護士や司法書士等の法律家によく相談をすると言う方法もあります。 また今では相続手続きについて無料で相続相談を行っている法律事務所もあるので、このようなところに行って相談に乗ってもらうのも良いです。

遺言書作成の目的と適切な方法

遺言書作成の目的は、被相続人の意思を相続人に伝える事です。そのためには自筆遺言より公正証書遺言で作成した方が良いでしょう。 公正証書遺言は、公証役場において被相続人から依頼を受けた公証人が、被相続人に代わり遺言書作成を行うものです。作成した遺言書の原本は公証役場にて保管されるため、家庭裁判所での検認が必要ない点が自筆遺言とは異なります。

公正証書遺言に係る費用は、遺言書に記載のある金額によって異なります。記載された金額が100万円以下は5000円で、1000万円以下は17000円、3000万円以下は23000円と増加していきます。 さらに記載された金額が1億円以下の場合は、別途、11000円が遺言加算として必要となります。

遺言執行者を遺言書作成時に指定ができます

遺言書作成をしても発見をしてもらわければ作成をした意味がありません。法律通りに相続をさせない為に作成したのにも関わらず無駄になってしまってはもったいないです。そこで遺言書作成時に遺言執行者を指定しておくことをおすすめします。遺言書に書かれている内容を責任を持って実行してくれる人を決めておけば忘れる心配はありません。

遺言執行者となるべき人には事前に打ち合わせをしておけば良いでしょうか。いきなり命じられて慌てることがないように遺言書に何が書かれているのかを教えておき、速やかに実行されるようにすることでトラブルを防げます。

大阪で遺産相続手続きの遺言書作成についての相談が出来る所とは

大阪で遺産相続手続きの遺言書作成についての相談をすることができるところは、弁護士事務所です。法律を総合的に扱うことができるため、あらゆる観点からその作成についての妥当性を検討できる点もメリットです。

その分費用が高いのがネックです。もう一つは司法書士です。司法書士は、弁護士ほど法律についての知識があるというわけではありませんが、民法についての知識は引けを取りませんし、不動産に関する知識は弁護士以上です。遺産相続手続きの遺言書作成には不動産のことも関わってきますので 相続財産に不動産がある場合には適任となります。

相続手続きの流れについて

相続手続きの流れについては、故人がなくなり葬儀等を済ませた後に発生します。遺産相続には期限がりますので、どの相続人にとっても早く終わらせたいと思っていることでしょう。

しかしながら、お金などの遺産ではないかぎり、相続人同士で遺産を分ける事は非常に困難なことがあげられ、ケースによっては裁判沙汰になってしまったケースもあります。そのようなトラブルを回避したい場合には、やはり弁護士や司法書士などの法律家に依頼することが一番になるでしょう。インターネットであれば多くの情報を集めることができますので、合わせて利用してもいいでしょう。

相続手続きをおこなう

相続手続きをおこなっていくうえで必要となる事は、スムーズに遺産相続をおこなっていくことでしょう。お金などの分けやすい遺産であれば、スムーズに終わらせることもできますが、不動産などの分けることのできない遺産だった場合には、遺産を分与することにあたって揉めてしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるには被相続人においては、遺言書を作成することが求められますし、被相続人においては弁護士や司法書士などの法律家を早い段階で雇い、公平な進行役として遺産の相続をすすめていくことが必要であることがあげられます。

相続手続きついて

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。