交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

交通事故弁護士は大阪の法律事務所などで相談を受け付けています。

お得情報サイト

交通事故慰謝料の弁護士基準についての詳細はお近くの交通事故相談を扱う弁護士事務所へ。

お得情報サイト

役立ち情報サイト

交通事故の慰謝料

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料

目次

怪我の程度が問われる交通事故の慰謝料

ただ単純に怪我をしているかどうかという事だけでなく、もっと詳細な情報、例えば完治まで何日通院して、何日入院したかという事も慰謝料の決定において欠かせません。

確かに、交通事故でも無傷の場合から、命に関わる場合までいろいろあります。

怪我の有無だけでは不公平になってしまう事もあるので、細かく決められています。

交通事故では完治までにより時間がかかった方が、交通事故慰謝料は高額になります。また、後遺症が残った場合にも症状など詳細が問われる事になります。

この件については弁護士の所に行って相談する事になりますが、医学的な事も必要になりますので、まずは病院にて診断書を医師に書いてもらう事が求められます。

交通事故慰謝料と通院の仕方について

交通事故慰謝料の計算の仕方について理解を深めたい場合には、各分野の法律の専門家の意見を聞くことが有効です。

最近では、交通事故の際に通院が必要となるケースが増えているといわれていますが、いざという時に備えて、冷静な判断をすることが求められます。

大手の保険会社のサービスを利用することによって、交通事故慰謝料に関する問題をスムーズに解決することが可能となります。

また、なるべく多くのパンフレットやカタログなどを使い分けることで、必要な情報を仕入れることが出来ます。 その他、より多くの経験者の口コミを参考にすることが効果的です。

交通事故慰謝料は2種類を合計して総額が決まる

 交通事故賠償金の一項目である交通事故慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を合計して総額が決まります。

後遺障害が残らなかったと認定された場合は、入通院慰謝料だけを受け取ります。いずれにも3つの基準があります。

自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責基準では、入通院慰謝料についてはけがの重傷度は考慮されません。

それは後遺障害等級に反映されるので、それによって交通事故慰謝料額が考慮されるという制度になっています。

後遺障害認定は自賠責保険でおこないます。この認定には、自賠責保険の基準だけが存在します。基準に納得できない場合は裁判となります。

交通事故弁護士に相談ついて

交通事故慰謝料についての無料相談

交通事故慰謝料について相談をしたくても、資金に余裕がないという方は、無料相談を利用することができます。

弁護士事務所が、初回無料で相談しているケースがありますし、弁護士会や法テラスの無料相談も活用することができます。

一般の人にとって、交通事故慰謝料請求をどのようにすればよいかはわからないことだらけですので、専門家の方に正確な助言をもらうことはとても重要です。その後に、自分で行動を起こす際の指針にもなりますし、相談相手が信頼できる場合には、事件を受任してもらうこともできます。したがって、積極的に活用しても構いません。

交通事故慰謝料や逸失利益の算定について

交通事故慰謝料や逸失利益を相手に請求するためには、具体的な金額で請求することになります。これは、裁判で訴えて請求する場合も同様です。裁判では、裁判所は原告が主張したことに対してしか判決を下すことはできないからです。

そのため、交通事故慰謝料や逸失利益の算定について知っておく必要があります。現在の判例は、差額説という考え方をとっているといわれています。

これは、自己がなかった場合の財産の状態と、現状を比較して、その差を損害とするものです。

ただし、個別事情も判断に加わるため、これですっきりと決まるわけではありません。

後遺障害の交通事故慰謝料を決定する等級の申請方法

交通事故に遭い障害が残ってしまった場合は、入通院の分に加え後遺障害分の交通事故慰謝料を請求することができます。

後遺障害の交通事故慰謝料は、障害の等級に応じて決まります。障害が残ってしまった場合は、等級認定を受ける必要があります。

等級認定は、医師の診断書など必要書類を添付して自賠責保険の審査会に申請します。申請方法は、相手側の保険会社に全て委託する事前認定と被害者が自分で申請手続きをする被害者請求のふたつの方法があります。

事前認定では被害者は煩雑な手続きをしなくてすみますが、内容を知ることができないのが難点です。

等級は慰謝料額に直結しますので、被害者請求で手続きをして中身を把握するのが安心です。

交通事故慰謝料と事故に伴う後遺障害の関連性

自動車等を運転していて歩行者等に怪我等をさせた場合、不法行為に当たり刑罰に処されますが、それに伴い相手方に身体等に後遺障害を負わせた場合には相手方が負った心身の傷害の度合いに応じて交通事故慰謝料を支払う事になります。

ただし、相手方の不注意や過失に応じて裁判所はこれを減額する事も出来ます。しかし、これは債務不履行の場合と異なり任意です。

また慰謝料は現金での支払いが原則であり、不法行為に対する損害賠償請求権でもあるので胎児にもその権利は発生します。

そしてその権利は被害者が行為と加害者を知った時から3年、その行為の時から20年経過すると消滅します。

交通事故慰謝料後遺障害がない場合の対処について

交通事故慰謝料の基準は、自賠責保険による慰謝料基準と任意の自動車保険による慰謝料基準、弁護士基準の三つがあります。

このなかで、任意の自動車保険による慰謝料基準については、自賠責保険は死亡や後遺障害などなく、傷害だけなら120万円が支払い限度額になります。

但し、この自賠責保険の支払い限度額を超えてしまう場合には「任意保険」の基準となることを指します。

「任意保険」による慰謝料の金額の計算根拠まで加害者側の保険会社が提示してくるかが問題で、慰謝料の金額に納得できない場合や不明な点がある場合は弁護士などに確認してもらう方法もあります。

交通事故慰謝料の基準について

交通事故慰謝料には3つの基準があります。一つ目は自賠責保険基準です。自賠責保険金は自動車賠償責任法に則って算出されるもので、その性質上、画一的(つまり計算がしやすい)ですが、例えば傷害の場合、上限が120万円と低めに設定されています。

二つ目は任意保険基準です。これは任意保険会社がそれぞれ設定するものですが、実際はどこの保険会社もほぼ同じ基準となっており、自賠責保険基準よりは少々金額が高めです。

三つ目は裁判所基準です。「赤本基準」とも呼ばれ、こちらは通院期間にもよりますが任意保険基準よりもさらに高めに設定されています。

交通事故慰謝料について

交通事故の加害者がその被害者へ支払う慰謝料を交通事故慰謝料といいます。交通事故による怪我の治療やリハビリに支払った医療費、車や持ち物が破損した場合の修理代、働けなくなった場合の給料の補填、心意的な傷などに支払われます。

もし被害者になってしまったら、加害者側の保険会社から連絡が来て金額について交渉される可能性がありますが、素人ではその金額が妥当なのか判断が難しいでしょう。

そのようなときは弁護士を雇うと、過去の判例などを基準にして適正に判断してもらえますし、交通事故慰謝料の額も高くなる傾向にあります。

交通事故慰謝料の分配の仕方

交通事故の死亡事故が起きたとき、相続人が交通事故慰謝料を請求することが可能です。示談や裁判の判決でもらえる慰謝料の額が決まります。

その分け方は、基本的に相続と同じ割合になります。相談や遺言書があれば多めにもらうこともできます。

交通事故慰謝料に相続人以外の人が関わる場合には、さらに話が複雑になってきます。

被害者の両親が慰謝料を請求する場合は、両親は法定相続人にならなくても慰謝料の分配に該当することがあります。

そうなった場合には、事前に相談の上で慰謝料の分配の割合を決めることになります。それをきちんと決めないと、分配時に揉めるケースも出てきます。

自転車による交通事故慰謝料請求

交通事故慰謝料というと、自動車によるものがまず思い浮かびます。しかし、免許や車を持っていないから自分は加害者にはならないし心配無用というわけではありません。

近年、自転車による事故やそれに伴う後遺障害、場合によっては被害者の死亡による慰謝料の請求事案が目立っています。

成人による事故だけでなく、仮に子供が運転している自転車であっても、十分に加速していて相手が高齢者であれば、どんな大きな事態が生じるかはわかりません。

注意力が十分でない小さい子供のいる家庭こそ、慰謝料請求に対する備えをしておく必要があると言えます。

交通事故慰謝料における被害者の正しい対応

交通事故慰謝料についてこれは、事故にあった被害者が加害者のはいっている保険会社から妥当と判断される事故における関係費用を受けとることが出来るお金のことです。

実際のところ、被害者と保険会社との関係の方が重要視されることが多く、この両者間でのやりとりが後に交通事故慰謝料だけでなく賠償金にまで影響を及ぼすことがあります。

そのなかでこの両者間において、被害者側が被害者感情を押し付けるような事はしてはいけないのです。

被害者であるから慰謝料請求などの強引な印象を与えるなどすると、正当な額が受け取れないことなどもあります。そのような点には気をつけたいものです。

交通事故慰謝料の相場基準

交通事故慰謝料の相場には3つの基準があります。自賠責基準と任意保険基準、最後に弁護士基準です。

自賠責基準は、交通事故の被害者が最低限の補償を受け取るためのものなので、金額は少ないです。

任意保険基準は、営利企業の保険会社が支払うものなので、自賠責基準よりは高いですが金額は低めです。

最後に弁護士基準ですが、裁判や相手側との示談をする場合に用いられるもので、金額は自賠責基準や任意保険基準よりも高めといわれています。

適正な慰謝料を受け取るためには、保険会社から提示された金額で示談をするのではなく、弁護士に一度相談するのが良いです。

ひょっとしたらあるかもしれない交通事故慰謝料払い

もしも交通事故を起こしてしまったら、交通事故慰謝料は払わなければいけません。けれど保険に入っていなければ高い慰謝料を自分で払わないといけません。

だからこそ保険があります。ではもし交通事故に遭ってしまったら、足を怪我して仕事が出来ない、事故の後遺症で目が見えない、場合によっては死亡してしまうこともあります。

そんな時残された家族はどうすればいいのでしょう。その時に相手側に慰謝料を求めるのです。交通事故慰謝料はそのためのシステムです。

残された家族の生活を支えるために、被害者の負担を軽くするためにあります。

交通事故慰謝料は増えることもある

交通事故の被害に遭った場合は、加害者側の交渉人と話し合って慰謝料を決めます。それは決まった額がある訳ではありません。

交通事故慰謝料は、被害者側の状況によって金額が変動します。一律に決められる物ではありません。被害者や、遺族の側に同情すべき点があるなら、更に金額が増えることもあります。具体的な金額の交渉は、自分でするよりも弁護士に任せた方がうまくいきます。

専門知識のある弁護士なら、こちらが有利にするような情報に通じていて、有利な視点で交渉できます。治療が終わってからも後遺症があるケースなら、慰謝料の金額が上がることがあります。

交通事故慰謝料は慰謝料の一部

交通事故慰謝料は慰謝料の一部です。

慰謝料と聞くと交通事故によって発生した損害全ての示談金だと思われている方が多いようですが、本当は、慰謝料は賠償金の一部で、人身事故の場合、賠償金には慰謝料の他に治療費や病院までの交通費、会社を休むことで発生する休業損失や逸失損失などすべてが含まれます。

自賠責保険では1日4200円と定められていて4200円x治療期間or実質通院日数x2で計算されています。治療期間と実通院日数の少ないほうを選択し慰謝料4200円をかけて算出します。

これに後遺症がある場合は後遺症の等級により後遺障害慰謝料が支払われます。

交通事故で支払われる後遺障害慰謝料

時として交通事故で怪我をした際に、傷が完治しない事もあり、その場合には後遺障害慰謝料が支払われる事になります。交通事故で支払われる後遺障害慰謝料というのは、程度によって等級に分かれています。

交通事故で支払われる後遺障害慰謝料を受け取るという人は、自分はどの等級であるのか、交通事故による後遺症の状態と後に支払われる後遺障害慰謝料の金額が相応しいかどうか検討する必要があります。

そして、もし交通事故で支払われる後遺障害慰謝料の金額が低すぎるという場合には、高額となる様交渉する事もできます。

交渉は、等級や医療、また法律について詳しい知識が必要なため弁護士が行う事が多い様です。

交通事故慰謝料の請求について

交通事故にあった場合は治療代や仕事に行けなかった場合などの補償を加害者に請求できます。それに加えて、精神的に損害を被ったとして慰謝料を請求できる場合もあります。

ただし、この慰謝料についてはなんでも請求すれば認められるものではなく、数々の裁判例から導き出される慰謝料の相場に基づかなければ認められません。

例えば、交通事故で子供を亡くした親が精神的損害として慰謝料請求をした場合でも、子供の年齢によって認められる慰謝料が異なります。

また、慰謝料の相場は同じ年齢の子供でも性別によって異なっており、慰謝料請求をする場合には注意が必要です。

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 交通事故慰謝料事例 交通事故 弁護士へ交通事故の相談 むちうち慰謝料相場 相続 相続手続き 浮気離婚慰謝料

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。