交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

お得情報サイト

お得情報サイト

役立ち情報サイト

交通事故による慰謝料は弁護士相談のTOP > 交通事故相談

目次

治療中から交通事故の相談を

怪我が完治してからゆっくりと弁護士を見つけて交通事故相談をしようかなと考えている人はいませんか。

もし可能であれば治療中から交通事故の相談をする事をおすすめします。交通事故による怪我で通院や入院としていると医師とやり取りを行う事が多いと思います。

また、警察や保険会社などと連絡しない事がいけない事もあるかもしれません。そんな時には弁護士に相談すると、自分の代わりに話に応じてくれます。

交通事故の相談を行う際には、法律家に近くまで出向いてもらえる場合もありますので、時には出張を依頼したいですね。

治療中から交通事故の相談を行う事で、一日も早く問題が解決できればいいですね。

交通事故相談のサポートの特徴とは

交通事故相談のサポートが優れている保険会社の数は、ここ数年のうちに急増しており、今や様々な年代の消費者からの注目が集まっています。

特に、サービスの内容が充実している保険会社の特徴については、ネット上で簡単に理解を深めることが可能です。

もしも、交通事故相談のサポートの制度について知りたいことがある場合には、同じような悩みを抱えている人からアドバイスをもらうことが良いでしょう。

その他、最新の交通事故相談の事例をチェックすることで、初心者にとって、何時でも落ち着いて対応を取ることが出来るといわれています。

交通事故相談で、妥当な賠償額を知る

交通事故の示談交渉では、任意保険会社は不当に低い金額を提示するものです。被害者はまったくの素人ですから、妥当な金額というのがわかりません。示談成立となる前に、弁護士による交通事故相談で、妥当な賠償額を知っておくことが望まれます。

交通事故相談の段階では、そう高い費用はかかりません。交通事故は非常に専門性の高い分野ですので、交通事故相談を担当するような、交通事故に詳しい弁護士に相談することが大事です。

相談で妥当な賠償額を知ることができれば、その後の示談交渉で、不当に低い額のまま了承することは防げます。

後遺症が残る交通事故相談は弁護士へ

交通事故に遭うと、加害者より保険会社とのやりとりとなります。保険会社と被害者は、専門家と素人のような関係ですから、やはり交通事故相談は、弁護士に依頼するのが的確です。

事故による損傷が重度の場合は、後遺症が残る可能性が大きいです。特に精神面や原因がはっきりしない体の不調は、中々後遺症と認めてもらえないようです。

時間と費用は掛かりますが、弁護士にしっかりとした交通事故相談をすることによって、交渉がスムーズに進んでいきます。最初弁護士への依頼は戸惑いがあります。けれど最終的には良い結果をもたらすことになる筈です。

高次脳障害の症状で交通事故相談なら

高次脳障害というのは、脳に損傷を受けておこる記憶障害・注意障害・遂行機能障害・社会的行動障害のことです。

交通事故の後遺症として2001年から認定されたものなので専門家でもわからないことがあるといわれています。

脳に損傷を受けた場合、後遺脳障害の専門の弁護士に交通事故相談をするのがおすすめです。

なぜなら、後遺障害等級を獲得するには専門の弁護士でなくては適切な等級を得ることがむずかしいのです。

障害の重い第1級から第9級までありますが、保証する側は等級の低い第9級で申請しようとします。

弁護士に依頼すると等級獲得や慰謝料など、どのぐらい違うのかを知るためにも専門の弁護士に交通事故相談することをおすすめします。

交通事故相談で保証金額を上げよう

交通事故にあってしまったら警察に電話をした後、自分が入っている保険会社とのやり取りが始まります。もし怪我をしていたらその治療費は保険会社より支払われるのですが、「固定症状」というものがあり、こちらだと認定されてしまうと治療費はこの認定された所までしか支払われなくなってしまいます。

そんな時交通事故相談所に電話をして、弁護士に間に入ってもらうと今まで提示されていた金額よりもはるかに多い金額を最終的に受け取ることができることもあります。

自分で交渉するといってもできる範囲が限られてしまいますので、やはりその道に通じている人に判断してもらうということは大切です。

交通事故相談をした方がいい場合

交通事故にあってしまった際に、そのまま自分と相手だけで話を進めるのか、間に弁護士に入ってもらうのか迷います。

交通事故相談を行っている弁護事務所は全国に数多く存在しており、電話で無料相談だけすることも可能です。

「保険会社から連絡がきた保証金額に納得がいかない」「相手と治療費の件で揉めてしまいそう」「過失割合に納得がいかない」…などこのような不満を感じたら相談することをオススメします。

特に自分が怪我をしてしまった場合などは間に専門家を入れた場合と、自分だけで交渉する場合ですと支払ってもらえる金額が大きく異なってくる場合があります。

その人に合った利用しやすい交通事故相談とは

交通事故相談ができる弁護士事務所には、土日対応しているところがありますから、通院しながら仕事をされている方でも利用しやすいと思います。

また、体がまだ不安定で、事務所まで来られない方や、遠方にすんでいる方などは、電話無料相談やネットを使って相談することもできます。

他に、自宅まで来てくれる無料出張相談に応じているところもあります。これまでの保険会社の対応や、治療しても思うような改善がされず不安をかんじている方など、 専門家に相談することで、漠然とした不安や不満などが解消できるようです。

医療や保険知識も詳しく、過失割合や後遺障害認定の実務経験豊富な弁護士なら、泣き寝入りすることなく対応してもらえます。

むちうち慰謝料相場に含まれるものについて

交通事故後の症状としてよくあるのがむちうちですが、事故のあとすぐには痛みが出ず、後日になって症状が出る場合が多くあります。

車同士の追突といった大きな衝撃によって、首にダメージや痛みを受けてしまう損傷ですが、こういった障害を負った場合、慰謝料を請求することができます。

この交渉は、損をしないためにも交通事故弁護士に依頼をするのが望ましいです。むちうち慰謝料相場として、通院や治療費、入院雑費や休業による損害費などが請求できるものになっています。

慰謝料は精神的苦痛に対する損害の大きさによって金額が変動してくるもので、この計算についても算定基準があります。

判断が難しいむちうち慰謝料相場について

むちうち症などによる頭痛は本人にしか判断できないもので、第三者の評価というのはかなり難しいものになっています。

そのため、交通事故の場合は慰謝料などの損害賠償において、損害保険会社が頼るものは接骨院やマッサージではなく、医師の診断書がとても重要なものになってくるのです。

むちうち慰謝料相場は交通事故弁護士が把握しているので、医師の診断結果をもとに交通事故慰謝料が決定します。

実際に起きている症状よりも低い等級で見積もられないように、自身の身に起きている症状についてしっかりと医師に話すことが大切です。そうすることで損をしない慰謝料を請求できます。

慰謝料は弁護士に交通事故相談をして増やすことが出来ます

交通事故に遭われた方が、加害者に対し損害賠償金を請求することが出来ます。

損害内容は、大きく分けて積極損害、消極損害、慰謝料、物損の4つで、この4つの合計した金額が、損害賠償請求の金額として、請求することが出来ます。

この損害内容は、3つの基準があり、それぞれの機関によって金額が異なります。その中でも、弁護士による査定基準が一番高くなっているので、多くの損害賠償金を請求しようと思うと、弁護士に交通事故相談を行うと良いです。

保険会社等が提示した金額より、倍増出来るケースなどもありますので、事故に遭って提示金額になっとくが行かない場合は、利用してください。

加害者側こそ重要な交通事故相談

加害者が交通事故弁護士に依頼しても慰謝料の軽減や刑事処分、行政処分の大幅な軽減はほとんど出来ません。

ではなぜ弁護士に交通事故相談するのかと言うと、加害者本人が事故の対応をしようとすると適切な対応が出来ずに、被害者に悪感情を持たれてしまうことが多いです。

この悪感情が裁判時に裁判官や検察官に悪い影響を与えてしまい必要以上の量刑になってしまうことがあります。

このことを回避するために弁護士に被害者側と適切な対応をしてもらい適切な処分になるようにしてもらうために弁護士が必要なのです。

一定のコストはかかりますがメリットはあると言う事です。

交通事故相談の適切なタイミング

交通事故に遭って日数が経過してから、むちうちなどの症状に悩まされるというケースがあります。時間が経ってから痛みを訴えても、交通事故との因果関係を否定される可能性も少なくありません。

交通事故から半年が経過すると、保険会社から慰謝料を打ち切られることが多いのです。その場合は、医師に後遺障害認定書を作成してもらい、後遺障害等級の申請をおこないましょう。

なぜなら、症状が残ってしまった場合、後遺障害等級があるのとないのとでは、慰謝料の金額に大きく差が出るからです。

後遺障害等級に関して疑問点などがあれば、できるだけ早い段階で交通事故弁護士に交通事故相談を行いましょう。

交通事故相談の際に確認しておきたいこと

交通事故の事後処理を早く終わらせたいと考えているのは、被害者も加害者も同じです。

スムーズに示談交渉を進めるためには、事前の準備や知識が必要となりますので、交通事故弁護士に交通事故相談するなどしておきましょう。

怪我の度合いや入通院でどのくらい費用がかかったのかを客観的に示すため、診断書や領収書をまとめておくのも大事です。

また、ネット上に自動計算シミュレーターがありますから、弁護士費用だとどのくらいの金額になるのかをチェックしておくと、提示された慰謝料額でサインしても問題ないか判断の指標となるでしょう。

判断が難しい場合は交通事故相談

交通事故の慰謝料は、損害賠償請求の1つです。これは被害者本人でなければ請求することができないのですが、一部では例外もあります。

例えば、被害者が事故によって意識不明となっていたり、死亡してしまっているケースのほかにも、被害者が未成年であるケースなら、親族が交通事故慰謝料を請求できる可能性があるのです。

家族なら誰でも請求できるというわけではありませんが、配偶者や子ども、親のほかにも、内縁関係のある人でも請求権が与えられたというケースもあります。

複雑な問題のため、交通事故弁護士に交通事故相談をすることをおすすめします。

交通事故弁護士に相談ついて

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 交通事故慰謝料事例 交通事故 弁護士へ交通事故の相談 むちうち慰謝料相場 相続 相続手続き 浮気離婚慰謝料

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。