交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

交通事故弁護士は大阪の法律事務所などで相談を受け付けています。

お得情報サイト

交通事故慰謝料の弁護士基準についての詳細はお近くの交通事故相談を扱う弁護士事務所へ。

お得情報サイト

役立ち情報サイト

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料についての概要

交通事故慰謝料についての概要

交通事故による慰謝料の金額については、怪我の程度や通院、入院日数によって左右されます。損害賠償金の中に含まれている慰謝料は、入通院にかかった慰謝料、障害が残り生活に支障をきたす場合の後遺障害慰謝料、当事者が亡くなってしまったときの死亡慰謝料に分かれます。

また、交通事故慰謝料の相場及び計算方法も、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3種類の方法があり、どの計算方法を取るかによって値段も大きく変わります。

3種類の方法の中で、最も慰謝料基準が低くなるのが自賠責保険基準での計算方法です。最大で120万円しか保証されないため、それ以上の費用は自己負担となり、注意が必要です。

交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料のさまざまなパターン

交通事故で受け取れる慰謝料にもいくつかの種類があるので、交通事故の被害によってパターンが変わると考えられます。怪我をした場合は、入院や通院にかかる費用を支払う入通院慰謝料があり、重症や軽症に関わらず期間で計算されるため、期間が長引くほど金額も高くなります。

負った怪我が完治せずに後遺症が残った場合は、後遺症の症状に合わせて応じた後遺障害慰謝料を支払うことになります。本人が亡くなられた場合は、本人とその遺族の方々に対して死亡慰謝料を支払うことになります。亡くなった方の年齢と職業に合わせて、相場が決まると考えられます。

弁護士基準も必要なことがある交通事故慰謝料

突然の交通事故に遭ってしまった時には、加害者に対して交通事故慰謝料の請求が行われるケースも多いものです。事故の発生が原因とされる怪我を負ってしまった場合の治療費や入院費の他、休業をしなければならなくなってしまった場合の補償など、複数の項目が含まれています。

弁護士や関連機関への相談が進められることもあり、法律に基づいた判断材料やアドバイスを取り入れたい場合などにおいて、有効的に活用されています。保険会社の介入による条件交渉も行われるものの、スムーズな話し合いが行われないなど、弁護士基準での判断や請求額が必要なこともあります。

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 交通事故慰謝料事例 交通事故 弁護士へ交通事故の相談 むちうち慰謝料相場 相続 相続手続き 浮気離婚慰謝料

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料相場、交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談、示談交渉、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。