交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

交通事故の相談は大阪、京都にいる交通事故弁護士に。交通事故相談会は弁護士事務所、弁護士会が行っています。

交通事故弁護士は大阪の法律事務所などで相談を受け付けています。

お得情報サイト

交通事故慰謝料の弁護士基準についての詳細はお近くの交通事故相談を扱う弁護士事務所へ。

お得情報サイト

交通事故によるむちうちの慰謝料、治療費の相場について。

お得情報サイト

大阪弁護士会弁護士について。

役立ち情報サイト

お得情報サイト4

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故の後遺障害等級と交通事故慰謝料

目次

交通事故の後遺障害等級と交通事故慰謝料

後遺障害が残ってしまう様な大けがをしてしまう事もある交通事故は、どこにどの様な怪我を負うかという事は、全く予想外の場合が多いでしょう。

複数の箇所に重症を負う可能性だって考えられます。

実は後遺障害等級というものがあり、こんな症状の時には、何級に該当していくらの交通事故の慰謝料をもらう事ができるのかという事は決められています。

交通事故が起きて、怪我をすると、その症状が何級に該当するのかという事を医師の診断により決められます。それを元にして慰謝料が支払われます。

下された診断に対して、疑問や不満がある場合には、弁護士に話をして法的に解決していくというケースもあります。

交通事故相談は大阪弁護士会所属弁護士みお綜合法律事務所

交通事故弁護士の問題を解決しよう

交通事故に関する問題を速やかに解決したい場合には、熟練のスタッフが在籍している法律事務所の実績に目を向けることがおすすめです。

最近では、交通事故弁護士の活躍の場面がますます増えてきており、それぞれの事務所のホームページやパンフレットなどをチェックすることで、便利な情報を得ることが良いでしょう。

もしも、交通事故弁護士の選び方に迷っている時には、同年代の人の助言を積極的に聞き入れることが大事です。

その他、早いうちに実績のある交通事故弁護士の活動内容を把握することで、いつでも安心して契約を結ぶことが出来ます。

交通事故の慰謝料の事例を知りたいなら「交通事故慰謝料 事例」で検索

交通事故相談で弁護士のサポートを受け交通事故慰謝料増額

交通事故の被害者は、事故に遭ったことで受けた精神的な苦痛に対して相手に慰謝料を損害賠償請求できます。交通事故の慰謝料請求の難しい点は、精神的苦痛という性質上個人差が大きいことです。そのため交通事故の慰謝料には算定基準があり公平化が図られています。

しかし、この基準は自賠責・任意保険・弁護士または裁判基準と3つの基準があり、どの基準を使うかで交通事故慰謝料の額は大分変ります。示談交渉の中で、相手側は安い自賠責基準で計算した慰謝料を提示する可能性があり要注意です。

被害者になってしまったら、交通事故相談をして弁護士のサポートを受けることで正当な裁判基準で交渉してもらえます。交通事故相談をすることで、最初に相手から提示される交通事故慰謝料額が大幅に増額されるケースも少なくありません。

交通事故慰謝料などの交通事故相談は弁護士が確実

弁護士は法律の専門家です。そして、交通事故で慰謝料を請求したいという場合。それは法律問題にほかなりません。そのため、交通事故相談をするのなら、専門家である交通事故弁護士にした方が良いです。

交通事故相談は、特に交通事故専門で活躍されている方を利用すると、適切なアドバイスをしてもらうことができますし、仕事を依頼した時にも最適な結果になるよう行動してくれます。

弁護士は得意領域以外は苦手とする方もいるため、確実に慰謝料を支払ってもらいたいのであれば、その領域を得意とする方の力があった方が、納得のいく結果となります。

自賠責保険の交通事故慰謝料

自賠責保険は、免許証を取得した際に全員が加入しなければならない強制保険です。

自賠責保険に加入しないと、法律で処罰されてしまいます。最低限の保障であるため、人身事故のみ交通事故慰謝料の対象となっており、物損などについては適用外となります。

一日に付き4200円が支払われ、入院日数と通院期間を足した数か、入院日数と実通院日数の倍の数か、いずれか少ない方の日数が適用されます。また、むちうちなどの後遺障害に対しても慰謝料が支払われます。

基礎収入額と等級に応じた労働能力喪失率、一般的に67歳までの労働能力喪失期間をもとに計算されます。

交通事故慰謝料のトラブルについて

交通事故慰謝料は、主に交通事故が原因で被った怪我や後遺障害に対する治療費として支払われます。

ただ痛みを訴えても本当に事故が原因のものかわからないため、病院で診断書を作成してもらう必要があります。特にむち打ちなどは数日経ってから痛み出すケースも多いため、自覚症状の有無に関わらず、速やかに病院へ行くことが大切です。

また、保険を適用して自己負担なく治療が受けられる病院や整体院もあります。保険会社では長年蓄積したデータをもとに慰謝料額がいくらか決めていますが、折り合いが付かずトラブルになるケースも多いです。

交通事故慰謝料の請求には

交通事故慰謝料には、死亡慰謝料・入通院慰謝料・後遺障害慰謝料があります。怪我の症状や入通院の日数により金額が変わりますが、適用される計算方法によって大きく変わります。

自賠責基準は法令で定められている最低限のものなので金額は低めです。任意保険基準は保険会社によりますが、自賠責保で足りないものを補うためのもので自賠責より少し高い程度です。

交通事故慰謝料弁護士基準では裁判の判例をもとにして計算するので自賠責や任意保険よりも多くの慰謝料を請求できることが多いです。最近では、無料相談を行っている法律事務所も多くなっています。

交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら「交通事故弁護士 大阪」で検索

交通事故相談窓口

公益財団法人 日弁連交通事故相談センター事務局
TEL03-3581-1782(予約受付番号)
03-3581-4724(事務局)
業務時間月曜~金曜 9:30~12:00/13:00~17:30
HPhttp://www.n-tacc.or.jp/solution/consulting.html
本部〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館14階
東京支部〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館3階
最寄駅地下鉄 霞ヶ関駅(丸の内線・日比谷線・千代田線)B1-b出口すぐ。
日比谷駅(都営三田線)A10出口から8分
桜田門駅 (有楽町線)5番出口から8分
本部・東京支部面接相談時間平日 月曜~金曜 10:00~16:00 (※12:00~13:00は休憩時間)
相談場所弁護士会館3階
予約受付番号03-3581-1782

交通事故相談で準備するもの

1.交通事故証明書、事故状況を示す図面(道路状況、加害・被害車(者)の位置、事故の場所、日時、天候等)、現場・物損等の写真
2.病院の診断書、後遺障害診断書
3.治療費明細書(入通院日数、治療費、通院費のメモなど)
4.事故前の収入を証明するもの
5.相手方からの提出書類や、示談交渉をしていれば、その過程を示すもの
6.加害者の任意保険の有無と種類
7.その他(入院の差額ベット代、付添日数・費用、修理費、破損した家屋改修費、有給休暇日数、相手方加入保険内容)等

法律を熟知した弁護士が解決する交通事故

自分で交通事故の対応を行うのと、法律について熟知している交通事故弁護士が対応するのとでは、違いがあります。

法律を熟知した弁護士が交通事故の対応を行う事で、不利な立場となる事なく、対等な立場で相手側と話を進める事ができます。

交通事故の対応において、どうしていいか分からない事が出てくる可能性もありますが、弁護士がいてくれると、少しでもいいと思える対応を行う事ができます。

自分が不利な立場にあると感じた時には、交通事故の事で弁護士に相談するといいでしょう。交通事故の事で弁護士相談をすると、お金も必要となりますが、これから先に後悔する事がない様にするためにも、相談が大事となるでしょう。

交通事故が原因でむちうち症になった方へ

交通事故が原因でむちうち症になった方が、首だけでなく、手のしびれなどのもあったら、弁護士法人みお綜合法律事務所に相談ください。

公開日:2018/02/24

交通事故相談は弁護士法人みお綜合法律事務所

弁護士事務所弁護士法人みお綜合法律事務所
大阪事務所〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
最寄駅JR大阪駅すぐ。
大阪メトロ御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪メトロ四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
電話 06-6348-3055
京都事務所〒530-0001
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
最寄駅 JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
電話 075-353-9901
神戸支店〒530-0001
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
最寄駅 JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
電話 078-242-3041
受付時間 月曜~土曜 9:00~17:30
ホームページhttps://miolaw.jp/
(弁護士法人みお綜合法律事務所(大阪、京都、神戸)の公式
https://www.jikokaiketsu.com/