交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

交通事故の相談は大阪、京都にいる交通事故弁護士に。交通事故相談会は弁護士事務所、弁護士会が行っています。

交通事故弁護士は大阪の法律事務所などで相談を受け付けています。

お得情報サイト

交通事故慰謝料の弁護士基準についての詳細はお近くの交通事故相談を扱う弁護士事務所へ。

お得情報サイト

交通事故によるむちうちの慰謝料、治療費の相場について。

お得情報サイト

大阪弁護士会弁護士について。

役立ち情報サイト

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料における自賠責保険の基準について

目次

交通事故慰謝料における自賠責保険の基準について

自賠責保険は、加害者側が運転する際に必ず加入する強制の加入保険になります。交通事故が起こってしまった場合には、はじめに加害者側が加入している自賠責保険から、保険金のお金が支給され、支払いされる流れとなっています。

自賠責保険の基準については、交通事故が起こってしまった場合における最低限の補償基準にしかならず、交通事故慰謝料の基準としてある3つの基準の中でも、一番低い基準として知られています。

一方で、弁護士基準は裁判所基準と同等のものとして扱われ、3つの中での交通事故の慰謝料額は高いものとされています。

交通事故慰謝料の提示金額について

交通事故は保険に入っているかどうかで大きく慰謝料金額が変わってきます。

特に加害者が加入している保険会社はできるだけ支払う交通事故慰謝料の金額を低くしたいため、最小限の金額で話を進めようとします。

その際に気が動転している方は、保険会社が提示した金額ということで従ってしまいそうになりますが、あくまでも加害者側の保険会社なので、加害者が有利になるように提示しているのです。

そのため、被害者を意識している慰謝料金額ではありません。被害者が頼るべきなのは交通事故弁護士など、交通事故対応に詳しい専門家です。

法律事務所によっては無料相談を受け付けているので、最悪の事態を想定して事前に相談しましょう。

交通事故慰謝料が上がるその要因

交通事故慰謝料において、大きく分けて3つのタイプ慰謝料があることをご存知でしょうか?「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの種類です。

基本的には自賠責保険として強制加入をされている入通院慰謝料と言うものを受け取る形にはなるのですが、通院をしていても事故による症状が治らなかったと言う場合には、後遺症が残ってしまったと言う医者からの診断を受け、行為障害慰謝料と言うものが発生します。

身体の状況に応じ等級が決まり、その等級に応じ支払われる慰謝料が変わります。また、交通事故の慰謝料の交渉を弁護士に相談するとさらに上がることもあります。

交通事故慰謝料の算定方法

交通事故に遭ったとき、そのまま被害者側がなにも行動を起こさなければ加害者側の保険会社がその会社独自の交通事故慰謝料の支払い基準に基づいて被害者側の慰謝料や賠償金を算定するため、裁判所で認められる金額よりも低い示談金額となってしまうことが多くあります。

一方で、被害者側が弁護士に相談をした場合は、弁護士が過去の交通事故の裁判事例に基づいて慰謝料や賠償金の交渉を行うため、交通事故慰謝料や賠償金が大幅に増額されることがあります。

また、交通事故弁護士に交渉を依頼した場合の費用は、自動車保険や傷害保険の特約に付いていることもあります。

交通事故慰謝料について