交通事故の慰謝料について一人で悩む前に「弁護士相談」で納得できる早めの解決を。

基本情報

交通事故の相談は大阪、京都にいる交通事故弁護士に。交通事故相談会は弁護士事務所、弁護士会が行っています。

交通事故弁護士は大阪の法律事務所などで相談を受け付けています。

お得情報サイト

交通事故慰謝料の弁護士基準についての詳細はお近くの交通事故相談を扱う弁護士事務所へ。

お得情報サイト

交通事故によるむちうちの慰謝料、治療費の相場について。

お得情報サイト

大阪弁護士会弁護士について。

役立ち情報サイト

TOP > 交通事故弁護士 > 高次機能障害の場合は交通事故弁護士に相談したい

目次

高次機能障害の場合は交通事故弁護士に相談したい

高次機能障害の場合は交通事故の慰謝料、治療費が非常に査定しにくい状況にあります。保険会社が提示する金額が本当に正当か?どうか?はわからない。それは素人だからではない。

高次脳機能障害の程度というのは、医師の診断書次第ということもあり、わからない。だからこそ、医師と連携して高次脳機能障害の慰謝料、治療費を査定してくれる交通事故弁護士に相談するしかない。

そんなことをメインで仕事している交通事故弁護士だからこそ、安心して任せられます。過去の裁判の事例に合わせて、弁護士基準で交通事故の慰謝料を査定してくれます。

それが正当かどうは保険会社が判断するのですが、多くの場合は交通事故の慰謝料の増額となるのです。

交通事故で発生する高次脳機能障害は弁護士に相談?

高次脳機能障害というのを皆さんは知っていますか?高次脳機能障害というのは病気や交通事故での負った脳の障害で発生する障害です。具体的には記憶障害や精神の不安定などが挙げられます。

どちらも外見ではわかりづらい障害です。言い換えると嘘をつくと、障害を大きく見せられます。でもこれは医師でもなかなかわかりづらい。

そんな高次脳機能障害を交通事故が原因で発生してしまった場合はどのように慰謝料や治療費を評価するのだろうか?治療費は実際にかかった費用ということになるが、一生涯、治療費が発生することになるのでどうするのか?難しい問題です。交通事故の慰謝料の評価も難しい。交通事故の過去の事例と被害者の診断書から評価するしかないのです。

交通事故の慰謝料ってどう決める?

交通事故が起きると賠償金や治療費は実費プラスアルファとして保険会社が決定するでしょう。保険会社がどうして決めるのか?というと保険会社が殆どの場合はそれらの交通事故の賠償金、治療費を払うということになるからです。

治療費は多くの場合は実費+交通費となるでしょう。では、この交通事故に伴う交通事故の慰謝料はどうするのか?それはプラスアルファとして理解もできますが、ではその金額は保険会社が決めるということでいいのか?ということです。

殆どの場合は保険会社が決めます。ただ、それが本当に交通事故の慰謝料として適切な額なのか?ということです。もしかしたらもっと大きな額になるのではないか?ということもあります。そんな場合は交通事故弁護士に相談してみましょう。

交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら「交通事故弁護士 大阪」で検索

加害者も交通事故弁護士に相談したい場合

交通事故においては被害者となる場合もありますし、加害者になる場合もあります。加害者にならないに越したことはありません。加害者になった場合は交通事故の処理を契約している自動車の任意保険会社にお願いするということになります。

殆どの場合はそうです。それで交通事故の解決を図ります。それで多くの場合は交通事故は解決します。しかし、なかなか解決しない場合はあります。

そんな時には自動車の任意保険の弁護士特約を利用して交通事故弁護士に相談しましょう。弁護士特約はそのための特約なのです。交通事故弁護士が中に入ることでより専門的に対応できます。

交通事故弁護士が出てくることで解決することは少なくありません。

札幌弁護士会の知恵袋 第2回 物損事故その2

札幌弁護士会広報委員会の新企画「札幌弁護士会の知恵袋」。 第2回テーマは「交通事故」の中から「物損事故」を取り上げます。

交通事故弁護士に相談ついて